宅地建物取引主任者Webトップ >>

宅地建物取引主任者Webへようこそ!

宅地建物取引主任者Webへアクセスしていただき、ありがとうございます。

宅地建物取引主任者Web

宅地建物取引主任者とはどのようなものでしょうか。

不動産に関連する資格である、ということはわかっていても、なかなか実際の業務はどのようなものなのか、理解していない、という人も多いのではないでしょうか。

宅建主任者に独占で認められている業務としては、重要事項の説明と重要事項説明書への記名、などがあります。

重要事項とは、不動産取引をする際に、その物件の内容や法令上の制限、条件などについて記載してある書類のことであり、これについては不動産の専門家である宅建主任者が、契約の際に説明しなくては契約してはならない、ということになっているのです。

さらに、不動産業では、事務所にいる社員のうち、5人に1人は宅建主任者を置かなくてはならない、ということが定められているので、不動産業では一定数の宅建主任者を確保しなければならない、という現状があります。

そのため、実務的な資格として宅建の取得をしたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。

もちろん宅建を取得すれば、独立開業することもできます。

宅地建物取引主任者Web記事一覧

宅地建物取引主任者Web

宅建という仕事

宅地建物取引について

宅建の資格試験

独立開業と宅建

当サイトについて

宅地建物取引主任者Webは、宅地建物取引主任者関連の情報収集にお役立てください。

ピックアップ!:宅建と不動産鑑定について

宅建とは不動産の取引のためのエキスパートの資格ということができますが、宅建を取得したり、取得したいと・・・